バストの大きさにはホルモンバランスが重要です!

バストの大きさにはホルモンバランスが重要です!

バストアップを目指す場合、ホルモンバランスが取れている必要があります。

 

中学生ならば既に生理が始まった人も多いかと思いますが、生理が終わる頃から排卵まで多く分泌されるエストロゲン、排卵から生理が始まるまで多く分泌されるプロゲステロンという2種類の女性ホルモンは美肌ホルモンとも呼ばれ、女性の美を促します。この2つのバランスが取れていることで、バストや子宮が発達し、肌の調子が良くなり、生理痛や排卵痛、PMSの症状が緩和されるなど、様々な効果が出るのです。

 

つまり、このバランスが取れていなければ、どれだけ努力をしてもバストは大きくなりません。

 

実際にバストアップのサプリは、このエストロゲンと似た働きをする成分であるプエラリアというものが多く含まれているのです。そのため、このホルモンバランスを整えることが、バストアップを目指すための一番の方法です。

 

このバランスを整えるためには、まず生活習慣を整える必要があります。しっかり寝る、しっかりと栄養のあるものを食べる、これだけでも違います。

 

また、大豆に多く含まれるイソフラボンにもバストアップの効果があります。最近は食生活が欧米化し、油っぽいものが食卓に並ぶことも多いかと思いますが、和食を中心にして豆腐を多く摂取するようにしましょう。

 

イソフラボンにはバストアップのみならず、肌や髪に艶を与えるという美容効果もあるのです。だから一石二鳥です!

 

まだ10代のうちはホルモンバランスが崩れやすく、さらに生理さえ周期的に来ない、という人もいるでしょう。しかし、10代であっても初潮が来たにもかかわらず3カ月生理が来ない、という場合は、敷居が高いかもしれませんが婦人科に行くことも一つの方法です。排卵がされない、生理が来ないということはホルモンバランスも整っていないということです。そのため、同時にバストに悩みを抱えているならば尚更、医療の力を借りてバランスを整えることも手段の一つです。

 

あと、バストが大きくなってブラが小さいと感じたら、ブラを大きくしましょう。小さなブラではまだ大きくなれるバストも大きくなりません。